CASE
事 例
トップ > 事例 > 吉塚リトルアジアプロジェクト
吉塚リトルアジアプロジェクト

外国人居住者の暮らしやすさ×市場の活性化を図る『吉塚リトルアジアプロジェクト』が始動しました。

 

プロジェクトの一環として2020年12月1日、福岡県福岡市博多区の吉塚商店街が、昭和のレトロ感とエキゾチックな雰囲気を取り入れたリトルアジアマーケット「吉塚市場」として、リニューアルオープンしました。

最寄りのJR吉塚駅から徒歩4分。日本とアジアが満喫できる全41店舗が並ぶ市場の大きな特徴は、

①中国、韓国、ベトナム、タイ、ミャンマー、カンボジアなどの様々な料理店と物産店がオープンすること。

②それぞれの国の文化にスポットをあてた交流イベントの開催。

③ミャンマーから黄金のお釈迦様をお迎えし、新たな礼拝の場を設ける。※2021年3月6日予定。

このプロジェクトによって、外国人は故郷に帰ったような感覚と日本の文化を知り、日本人は海外の文化を理解することができ、在住・在外外国人と地域の人々の国際交流が図れます。昭和の名残も随所に見られ、インバウンドの集客効果も期待できます。

 

■2020年12月1日の新規オープン店

中国点心「小重慶」

韓国焼肉「火の村」

ベトナム料理「ミスサイゴン」

ミャンマー料理「チョウゼヤ」

タイ料理「サワディカップ」

カンボジア料理「シェムリアップ」

ベトナムサンドイッチ「カムオン」

開催名
吉塚リトルアジアプロジェクト
業 務
プロジェクト企画・制作
場 所
吉塚商店街
開催日
2020年12月1日〜
ページトップへ